スタッフコラム 〜ささやかな望み〜

高校野球も終わり、いよいよプロ野球も大詰めの時期を迎えています。

 

我がマリーンズは、ライオンズと僅差の3位争いの真っ最中、と書けば聞こえはいいですが、上位2球団からは大きく水をあけられているのが実情です。

 

首位ホークスの独走ぶりにはもはや言葉もないですし、2位のファイターズも戦いぶりに隙がなく、他の4球団とは力の差があるところを見せています。

 

もしCSという制度がなかったら、既に今シーズンは“終了”という感覚になっていたことでしょう。

 

客観的に見れば、“低次元の争い”とも言えるマリーンズvsライオンズの3位争いですが、CSに進出すれば、今シーズン苦汁を飲まされているホークス・ファイターズに一泡吹かせることも可能なわけで、ファンとしては目が離せない日々です。

本当に「CSがあってよかった」と感じます。

 

そもそもこの3位争い自体が、ライオンズの大型連敗によってもたらされたもの。

このところ苦戦が多いマリーンズですが、この時期に目標を失わずに観戦できることをありがたいと思って、謙虚に応援していこうと思います。

 

最初に戻る