スタッフコラム~風雨の中で考えていたこと~

台風一過、いかがお過ごしでしょうか。

今回の18号、19号で、被害、影響を受けた方も多かったのではないでしょうか。

 

私は台風が迫る新幹線の車内で、こんなニュースを目にしていました。

 

『経産省、太陽光発電偏重是正へ-買い取り価格下げ、大規模施設凍結も』

http://www.nikkan.co.jp/news/nkx0820141013abaa.html

 

今までは太陽光発電を推進してきたが、地熱発電や風力発電にも力を入れていこう。という内容です。

買い取り価格が値下がることについてはここでは置いておきます。

 

そこで思い出したのは、以前やっていて、非常に面白かったので毎週見ていたTV番組があります。

 

『バークレー白熱教室―大統領を目指す君のためのサイエンス』

http://www.nhk.or.jp/hakunetsu/berkeley/

 

アメリカ、バークレー校の教授が、再生可能エネルギーについて講義するという内容で、今ある発電方法から未来の発電方法、加えて地球温暖化の話まで、分かりやすく、そして面白く知ることができました。

 

最終的にその教授が主張していたのは、「ネチケット」という聞きなれない省エネ方法でした。

それは、最近開発されている様々な電化製品が、かなり省電力化していることに触れ、古い家電を新しい物に買い替えることで省エネになる。というものでした。

国から家電を買い替える助成をすることが必要ということも言っていました。

 

日本ではすでに、「家電エコポイント」というものが行われていましたよね。

その時にはよく分かりませんでしたが、今になってみると、エコな家電に買い替えるだけで省エネ、地球温暖化対策に一役買えたわけですから、もう少し考えても良かったような気がします。

 

長くなってしまったので、このあたりで。

最初に戻る