スタッフコラム ~陰のMVP~

プロ野球の日本シリーズが終わりました。

結果は下馬評通り、圧倒的な戦力を誇るソフトバンクの優勝。
判官びいき的な心情から中日を応援しながら観ていたので、少し残念でしたが、中日はあの戦力でよく第7戦まで持ち込んだと思います。
好きなチームは出ていなくても、楽しめるシリーズでした。

今年のソフトバンクの強さには、「参りました」の一言しかありません。日本シリーズを見て、改めてその思いを強くしました。
ただ、唯一言いたいのが、(別にチームに対してではないのですが)シリーズの表彰選手の選考。

なぜ、森福投手が何も貰えないのか?

第4戦の6回裏、ノーアウト満塁という場面で登板し1点も許さなかった森福のピッチングが、今シリーズの勝敗の流れを決定づけたのではないか。

更には第7戦の9回。抑えを託されたファルケンボーグの右ひじに中日井端の打球が直撃し、まさかの降板。
すごいプレッシャーがかかる場面での緊急登板にもかかわらず、森野、ブランコという中心打者を難なく抑え、勝利を確実にしたのも森福だったではないか。
(ついでに言えば、2人を打ち取りあと1アウトとなったところで森福を下げ、摂津に交代した秋山監督の采配も納得いかない。和田ならともかく、どうして摂津?森福が胴上げ投手では地味すぎて絵にならないとでも思ったのか?)

MVP級の活躍だと思うのに、優秀選手にも選ばれず・・・

中継ぎ投手って本当に日の目を浴びない。

そんな日の当らない環境でも、黙々と自分の仕事をこなす森福投手、すばらしいなあ。
マリーンズに欲しいなあと切に思う。

最初に戻る