スタッフコラム ~最初が肝心~

プロ野球、明日が開幕です。

今年のパリーグは、戦力的には空前の大補強をしたソフトバンクが抜きん出ているという見方が衆目の一致するところでしょう。

オープン戦でも、その圧倒的な戦力を見せつけるかのように勝ちまくりました。

そのソフトバンクと開幕カードで対戦するのが、我がマリーンズ。
ここにきて4番の今江、守護神の益田、オープン戦絶好調だった荻野貴司が故障で戦列を離脱したことは痛手ですが、ドラフト1位の石川やオープン戦首位打者の井上を始めとする新人たち、クルーズ、ハフマンという新外国人選手、そしてFAで獲得した涌井でその穴は埋められそうな見通しです。
相手が勢いに乗る前に、何としてでも叩いておきたいところです。

勝算も十分にあります。

開幕投手の成瀬はホークス・キラーとして知られます。一方、相手の開幕投手の摂津を、ロッテ打線は昨年結構打ち崩しています。
ロッテが対戦相手ということで嫌な気がしているのは、むしろホークスファンの方なのではないかとも思います。

それに野球は団体競技です。チーム力というものは、必ずしも個々の選手の力量の足し算で測れるわけではありません。

とにかく楽しみな開幕戦です。

最初に戻る