スタッフコラム ~夏の終わりに~

朝晩の涼しさに秋の気配を感じる季節になりました。

今年の夏の思い出と言えば、田舎に帰省した時、姪っ子たちと初の“セミ採り”“磯釣り”をしたことです。

都会育ちでふにゃふにゃな私は、恥ずかしながらどちらも(記憶にある限り)初挑戦。セミ採りはカゴ持ち担当、磯釣り成果は小アジ一匹という情けなさではありましたが、久しぶりに自然を身近に感じてすがすがしい気持ちになりました。

中でもセミ採りは、カゴの中でワンワン鳴くセミを観察しながら姪っ子と図鑑を開き、「アブラゼミだね~」という話をしたのですが、それ以降通勤時に鳴くセミの声を聴いて、「あ、あれはミンミンゼミかな」「アブラゼミだな」と意識するようになりました。それだけでも少し、単調な通勤に活気が出るものです。

去年までは全くそんな意識をしたことがなかったので、そんなちょっとした変化に驚いています。

これからはもう少し、身近な自然へのアンテナを高く生活したいと思う夏の終わりです。

最初に戻る