スタッフコラム ~今シーズンも残りわずか~

今シーズンのプロ野球も残りわずかです。

 

セ・リーグの優勝は巨人に決まりました。

筋金入りのアンチGを自称する私としては悔しい限りなのですが、今年の巨人の「チームとして」の強さを認めざるを得ません。

個々の選手は今一つ調子が上がらず、チーム打率、ホームラン数、得点などの数字はリーグの中でも下の方なのに、勝負どころでの集中力に(試合の中、シーズン全体の両面で)他球団とは格段の違いがあったように思います。

落合監督時代の中日の強さに似ている気もします。

圧倒的な戦力差で独走したシーズンよりも「強さ」を感じました。

 

ただ、圧倒的な戦力ではなくても巨人はそれなりに充実した戦力を持っていることも事実です。その点でマリーンズとは比較になりません。

それでも、いやだからこそ、こうした個々の選手の力量の足し算ではない「チームとしての強さ」を、来年はマリーンズも身につけてほしいと切に思います。

最初に戻る