スタッフコラム 〜謙虚な気持ちで〜

年明け早々に、怪我をしてしまいました。

歩道橋を降りる時に段差を見誤って、右足首を捻挫。最近になってようやく普通に歩けるようになりました。

 

捻挫としては結構重症だったようで、1か月が経過した今でもまだ少し腫れと痛みが残っているのですが、傷めた直後は本当に大変でした。

普段だったら2~3分しかかからない、京橋駅から職場までの道のりの何と遠いことか!

歩いている途中で何度も心が折れそうになりました。

 

平坦なところですらそうですから、段差や階段などはちょっとした「難所」です。

そんなとき、エレベーターやノンステップバスの存在がとても心強く思えました。

普段バスにあまり乗らないので気づかなかったのですが、都バスのノンステップ化はかなり進んでいるのですね。少なくともこの1か月私が乗ったバスはすべて、ノンステップでした。

 

また、杖をついて電車に乗っていたので、席を譲っていただくことが何度かあり、とても助かりました。

 

「バリアフリー」のありがたさや、周囲の人のちょっとした気遣いが大きな助けになるということを、身をもって実感した1か月間でした。

 

と同時に、普段の自分がこうしたことにいかに無関心であったかに気づかされ、反省もしています。

 

今の気持ちを忘れずにいたいと思います。

最初に戻る