スタッフコラム 〜今年の一押し〜

例年通り2月1日から、プロ野球12球団がキャンプイン。もうすぐオープン戦も始まります。

 

新人選手や若手選手の動向がインターネットやテレビのスポーツニュースで伝わってくると、例えそれが好きな球団の選手ではなくても、なんとなくワクワクしてきます。

 

マリーンズの場合、今年は何といっても京大出身の田中投手の話題が一番多いのですが、私個人的には、今年の新人選手は(田中投手に限らず)まずは2軍でしっかりと体力づくりをして、2~3年後に出てきてくれればいいかなと思っています。

 

というわけで、私が今年飛躍を期待しているのは、新人以外の選手です。

 

投手では、川満投手。3年目の左腕です。

スピードガンの表示以上に早く見える球筋ということで、“成瀬2世”として期待されてドラフト2位で入団しました。

この2年間は怪我などもあり、2軍でも目立った成績はあげられていませんが、成瀬投手がFAで抜けた後、ローテーションを回して行くためには、どうしても出てきてもらわなければならない選手です。

今春のキャンプでは好調のようですので、大ブレイクを期待したいところです。

 

野手では、三木選手。2年目の内野手です。

新人だった昨年は、春に2軍で結果を出し1軍に抜擢されましたが、後半は怪我に泣かされてしまいました。

それでもテレビで数試合、実際のプレーを見る機会がありました。バントを確実に決めたり、進塁打を意識して右打ちしたりするなど、“状況に合わせたバッティングができる選手”という印象が強く残りました。

 

(足の速い選手が多いので意外に思われることも多いのですが)実はマリーンズには、こういう“いわゆる2番タイプ”の選手がいないのが実情です。

あえて言えば鈴木大地選手が該当するのですが、彼にはクリーンナップを打たせたいところ。なので2番打者がどうしても欲しいのです。

三木選手がうるさい2番打者として定着してくれたら、チーム力がアップすることは間違いないと思います。

 

この二人の選手、今はマリーンズファン以外の方には全く無名の存在だと思いますが、今年のオフには一躍知名度が上がっていることと信じています。

 

最初に戻る