菅野所長のエッセイ:謹賀新年

あけましておめでとうございます。
今年は多少いい年でありますように。

 年末にゴルフに行ったくらいで、今年の正月はほんとに何もしないいい正月だった。
好きなときに食べ、好きなときに風呂に入り、好きなときに寝る、なんと素晴らしい日々であろうか。とにかく、身体のバリバリをほぐすことだけ考えてた。で、こういう生活をしていると体調がいい。仕事というのは身体に悪いということがよくわかった。やはり、父親と同じで仕事には本質的に向いていないのだな。今年は去年のように忙しくないといいのだが。

 去年は自分も世間も大変だったからなあ。よかったことといえば、何だろう、オルフェーブルの三冠達成を京都競馬場で目撃したことと、はやぶさの川口さんの講演がすぐに思い浮かぶ。あとは、オークスとダービーを連勝したことか。でも、あれももう半年は前だし。一昨日の正月競馬、東西の金杯はめでたく討ち死にしたし。あまりよいスタートとは言えない。

 新年に当たっていつものことだがとくに目標とか目的とか決意なんてものはまるでない。もうすでにやることは決まっているところもあるしね。WIN5ででっかいのを当てたいという願望はあるが、これがなかなか。

 ああそういえば、久しぶりに本が出る予定だ。PHPから。3月くらいになるのか、よく知らんが、原稿は送ったし、出ることは確かだ。もう丸一年以上は本を出してなかったので、「こころがホッとする考え方」みたいに売れると嬉しいなあ。内容的にはこれに匹敵するんだがなあ。とにかく、本が売れるか競馬で勝つかしないと僕の生活はうまく成り立たないのである。

ま、とにかく、自分にできることをやっていく、ただそれだけのことだ。

で、金杯は負けたが、明日のシンザン記念は勝ちたい。暮れの朝日杯で惜しくも4着だったトウケイヒーローが出走する。あのときは人気薄だったので、3着に入れば大儲けだったのにと、地団駄踏んだものだった。メンバーがぐっと落ちた今回、名前は気に入らないけど、⑪トウケイヒーローが3着以内にはまず入るだろうということで3連複、3連単マルチで勝負である。相手の中心は⑨オリービン。金杯はなかったことにして、これが今年の始まりにしてもらえまいか。

最初に戻る