スタッフコラム ~お腹いっぱい、鞄もいっぱい~


2021.07.14

「腹八分目」と昔からよく言われていましたが、親の目が届かなくなってからは、八分目を越えてお腹いっぱいに食べることが増えました。なんと気持ちのいいことでしょう。

 

 

自分のお腹だけではなく、私は鞄もいっぱいに物を詰め込むことが多いのですが(あれもこれも持って歩かないと心配なだけなのだと思います)、そのためにお腹ではなく、鞄を壊すことが度々あります。

 

 

つい先日も無理をして鞄に物を詰め込んだため、鞄のファスナーが壊れて全開になってしまいました!

 

 

助かったのは会社を出る前だったこと。クリップを借りてなんとか物が溢れ出すのを止めたのですが、鞄の持ち方を変えるとそのクリップが何度も外れてピョンと飛んでしまい・・・。恥ずかしいったらありませんでした。

 

 

今日は奇跡的に壊れていなかった鞄が1つ残っていたのでそれで出勤してきましたが、すでに鞄ははち切れそうです。

 

スタッフコラム ~はまりもの~


2021.06.14

一度、これというものを食べ始めると、そればっかり食べてしまう癖がある。

 

何か脳と舌が洗脳されたような感じだ。いつでもそれを食べてる。主食級だとさすがに1日1食だが、他のものはいつでも食べている。

 

ちなみにかつてハマったものの中には、カッテージチーズとか、アーモンドフィッシュのフィッシュだけ(買うと割が合わないので自分で作る)とか。それだけ食べてる。もちろんそれだけでお腹いっぱいにするわけではないので別のものも食べるけれど。

 

今は、酸辣湯麺だ。久々の主食級。これまでの大好物ではあったものの、美味しい酸辣湯麺を出すお店がクローズしてしまって以降、好みに合わないものを外で食べるくらいならと自分で作っていたくらいだ。

が、2,3年ぶりに美味しい味のお店を発見。これまでレトルトなんかでもなんとかしのいでいたけれど、ほぼ1日1食食べてるなあ。

 

もちろんお店では感染防止策がきっちりとられ、皆さん黙々と食す。その分、味に集中できて、とても美味しい。こういう時期だからこそ、こうした、何か自分にとっての栄養剤的なものって必要なんだなあと思う。

 

カリカリしてしまうこともあるけれど、美味しいと思う自分を大切に、美味しいものを食べる時間を大切にしたい。

 

 

スタッフコラム ~規格外・唯一無二~


2021.05.18

「ォオターニサーン!コニチワー!」

これが連日のように聞けるのはとても嬉しい。

 

二刀流の大谷選手がホームラン数で現在トップになっているのだ。

もはや規格外。ベーブ・ルースの如くである。

 

特に先日の11号ホームランは理解不能だった。

相手ピッチャーの変化球を擦り上げるように打ち、ボールはグリーンモンスターと称されるレッドソックス本拠地フェンウェイパークの左翼を越えた。(ご覧になっていない方はぜひ動画で見てほしい。フェンスの高さが11.3mもあるのだ)

うーん、すごい…

 

分業化が進み、現代では二刀流の選手は大谷選手くらい。

彼の活躍が見られる私は幸運だと思う。

 

スタッフコラム ~春の夢~


2021.03.19

東京では桜が咲き始めました。花粉症の季節でもありますし、ましてやコロナ禍です。皆様いかがお過ごしでしょうか。

 

私は調子がよいことがあってもそれが長続きしなくなってきました。

 

目はよく見えませんし、歩くのも遅くなった。頭はいっこうに冴えない。思い通りにならないことでイライラや焦りが募り、周囲にとっては“めんどくさい人”になることも・・・。ああ、自己嫌悪。

 

 

そんな日々を過ごしておりますが、先日不思議な夢を見ました。

 

 

 

家族でお寺に住むことになり、広いお堂には大仏様が。私の仕事はその大仏様を毎日磨くこと。

 

 

 

「いや~困ったなあ」と一人で途方に暮れておりましたが、誰も手伝ってくれません。ピカピカになるまで、ずっと大仏様磨き・・・。

 

 

はっと目が覚めて、「夢だったのか~」と安堵してまた眠りに落ちたのですが、次の夢も大仏様磨きの続きだったのです。その日は何度か繰り返し同じ夢を見ました。

 

 

 

 

私は仏教徒ではありませんし、決して信心深くありませんので、大変違和感がありましたが、繰り返しその夢を見るうちになぜか「こんなことができて有り難いことだ」と夢の中で思うようになっていました。

 

 

現実の世界で、こういった体験が続けばいいなあと思うのですが、そううまくはいきませんね。

 

 

 

 

とりあえずその日暮らしの毎日です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スタッフコラム ~沈丁花~


2021.02.15

寒い日はまだまだ続いていますが、立春も過ぎ、少しずつですが気温が上がってきているように感じる今日この頃、暖かい春が待ち遠しくなってきました。

そして、もうすぐ沈丁花が開花の時期を迎えますね。

沈丁花(ジンチョウゲ)は三大香木の1つであり、春が近づくにつれて花が咲き甘い香りを漂わせます。おそらく名前は知らなくても、香りで「あぁ、あれか!」と分かる方は多いのではないかと思います。私はこの花の香りが好きですが、同時に色々な思い出がよみがえり、懐かしいような切ないような気持ちになってしまいます。しかし、最終的にはどのような思い出も優しい香りですべてを包んでくれる、そんな印象を勝手に持っています。

コロナ禍で様々な常識が変わり、日々の楽しみが減ってしまったことも多いですが、些細なことが大切に思えたり楽しみに変わっていることに気づく機会も増えました。どのくらい先になるかは分からないけれど、今感じている不安もいつかは沈丁花の香りとともに懐かしいと思える日になること願いつつ、今日も1日がんばります。

スタッフコラム ~運動不足解消?~


2021.01.26

今年の年末年始はほとんど家にこもりきりだったのですが、少しでも楽しく過ごしたい!ということで数年ぶりに据え置き型のゲーム機を購入しました。

やってみたいゲームは色々とあるのですが、一番やりたかったのは体を動かすゲームです。

輪っかにコントローラーの片方をつけて、もう一方を足に装着するという何とも本格的なもの。ゲームだと侮っていると、案外きついです。

昔似たようなジャンルのゲームはやったことはあるのですが、その時よりもグラフィックが綺麗になっていたり、画面のキャラが自分と連動して敵を倒したり、ゲームの進化に感心してしまいました。

毎日やれば、運動不足解消になりそうだとは思うのですが、なかなか続かず…

せっかくこんなコラムを書いたことですし、今日は久々にやってみようかと思います。

スタッフコラム ~今年もよろしくお願いします~


2021.01.06

新型コロナに翻弄された昨年。今年も感染流行は収まらず、いつになったら安心して暮らせるのだろうかと、もやもやしながら生活しています。

 

 

また、私もそれなりに歳を取り、記憶力が低下して、良いことも悪いことも忘れっぽくなりました。

 

 

「まあ、悪いことをいつまでも引きずっていた頃よりはマシかなあ」、と思いながらその日暮らしをしております。

 

 

どうぞ今年もよろしくお願いいたします。

 

 

 

スタッフコラム ~そろそろ~


2020.12.15

師走に入り、気温もだんだん寒くなり、こたつでみかんが似合う季節となりました。

そしてそろそろ考えなければいけないのが、【大掃除】

皆さんはもうはじめていらっしゃいますでしょうか。

 

今日は少し【大掃除】について調べてみました。

大掃除とは「12月の宮中で欠かせない行事だった【煤払い(すすはらい】を由来とする風習で1年間の間に積もりに積もった煤を払い、あらためてお正月の神様をお迎えするという行事が原型となっているそう。そして江戸時代には、この煤払いは【物忌み】を始める12月13日に行われていたとのこと。

 

なんと・・・もうやっておかなければいけなかったんですね。

クリスマス気分でまだいいや~と思ってしまっていました。

お正月の神様をお迎えするためにも急がなければ。

 

ついでに【正月飾り】についても。

正月飾りは正月事始めと言われる12月13日以降なら、いつ飾り初めてもよい。そしてやってはいけない日が2日間ある。

・12月29日:「二重苦」につながるので避けましょう。

・12月31日:「一夜飾り」になって、縁起が悪いと言われています。

 

なるほど。最近は、クリスマス後の26〜27日ごろから飾り始めるのが一般的になっているようです。28日なら、末広がりの「八」で縁起が良い日なのでおすすめとのこと。

我が家もそれまでに大掃除を終わらせて28日の正月飾りを目指したいと思います。

スタッフコラム ~寒さ対策~


2020.11.28

今年の冬の室内は
しっかり換気をしているため
なかなかお部屋も暖まりません。

寒さ対策として
まずは背中にカイロを貼って
お腹に腹巻、足元はレッグウォーマー。
見えないですが、かなりの重装備です。

皆様も風邪にも気をつけて過ごしましょう。

スタッフコラム ~インドア生活~


2020.10.27

どちらかといえばインドアが好きなほうですが、今年は特に家での時間が多くなりました。

 

昔と違って、今はビデオやDVDをお店までわざわざ借りに行かなくても、ネットで好きな映画やドラマが観られるようになり、本当に便利な世の中になったなぁと実感します。

もともと映像や舞台を観るのが好きな私にはもってこいの環境です。

 

レンタルをしていた時は、海外ドラマを観ていても、次のシーズンがレンタル開始になる頃には前シーズンまでの内容を忘れてしまい、結局同じものを見直すこともしばしば。今はそんな心配もほとんどありません。その代わり、続きが気になりすぎてやめ時を失ってしまい、気づけば一日が終わっていたということもしょっちゅうです。

 

一日中観てしまうのは我ながら不健康だなと思いますが、まだまだ観たいものは目白押し。これからもこんな生活は続きそうです。