コロナ大国のいろいろ


スペイン、ビジャレアルの久保君だが、先日はリーグ戦で待望の先発出場。ヨーロッパリーグの前試合の大活躍が認められたわけだが、今回は相手が悪かったようだ。対戦相手のカディスは、今季2部から昇格したばかりだが、とにかく堅守カウンターのチーム。そのデシプリンの徹底ぶりはなかなかで、ビジャレアルは決定機をあまりつくれなかった。前節レアルマドリーに勝ったというのは決してフロックではないのだな。個々の選手の能力はたいしたことなくても、こういうチームは強い。

日本の森保監督がイメージするのもこういうチームなんだろうか。個々人の力が海外に比べて落ちる日本であればそういう志向になるのは理解できる。でも、たとえばカディスの戦略はカディスの選手の個性に合った戦略であるわけで、他にあるものをそのまま取り入れるのはナンセンスだろう。あくまで日本選手にあった戦略、戦術がどういうものであるのか、どういうデシプリンを共有するのか、そしてそれをどれだけ徹底できるかということだ。

幸いにして現在では、遠藤という高性能のボランチがいて、センターバックには富安がいる。これで左サイドバックが安定すれば悪くないDF陣が出来上がる。その上で、FWに久保、伊東、南野などすばしこい選手を配せば、面白いチームがつくれそうだ。鎌田は遠藤とのダブルボランチ、遠藤よりも攻撃参加のボランチにしたほうがいいのではないかな。次は確かメキシコとやるんだよね。

スペインと言えば、プエルタ・ア・エスパーニャだが、先日第8ステージ山頂フィニッシュでは、残り15キロ付近から画面を観つつ僕も漕ぎ始めた。レースは総合1,2位、それから3位と4位までもが先頭集団にいる。ところがグランツール特有の駆け引きが見え隠れして、ステージ優勝は他の選手にあげちゃうのかなと思いきや、残り2,3キロから総合1位のカラパスと3位のノログリッチがガチンコ勝負に出て、激坂を抜きつ抜かれつのレース。もう面白すぎて、僕は漕ぐのをやめて観戦。最後はログリッチがカラパスを突き放してゴール。いいときに当たったな。

面白いと言えば、「新アメリカンアイドル3」が、日本の放送ではトップ20まできている。前シリーズは史上最高と言われていたが、今シリーズもそれに匹敵するんじゃないか。個人的にはジュリア・ガルガノが一番だ。でも、ネタバレで結果はわかってるんだけど。

アメリカと言えば大統領選。トランプが勝つのは嫌だが、熱狂的な支持層に加えて、「隠れトランプ」というのが多いらしいしね。どちらにせよ、爺さん対決にアメリカの未来はないのではないか。トランプが侮れないことは前回選挙でよくわかったし。
栃木県知事が、魅力度ランキングで最下位になったことに八つ当たったのか、「納豆にイチゴが負けてどうする」と”ライバル”茨城県を揶揄した。このことには栃木県民さえも批判。そこまで言うことないだろと。そういう言い方はないでしょと。まこと、日本人は良質のプライドを持っているなあ。でももしこれがトランプの発言だったら、トランプファンは拍手喝采だ。相手を貶めることに特化した選挙だな、嫌だ嫌だ。日本のネトウヨもトランプ、トランプファンと同じメンタリティだね。それにしても、県の魅力度ランキングとか、ベストテンくらいに抑えたらどうかね。あんまり明確な根拠もないんだろうし。

日本政府が、またまたアメリカの製薬会社とのワクチン契約、2500万人分を結んだが、大丈夫かね。トランプが選挙用にワクチンは10月中頃にできると、大ボラというかはっきりとした出任せを言っていたが、こうしたのに乗ってアメリカでは検証の薄いワクチンがたくさん出てくるのではないか?  選挙は日曜にあるけど、大差でも付かない限り、勝敗はたゆたうでしょ。そのための最高裁判事の人事だからな。アメリカの会社との契約は危険ではないのか? この間は韓国製のインフルワクチンで死者がたくさん出たということだし。

さて菊花賞は、コントレイルが無敗の3冠を達成。先週のデアリングタクトと違って、ヒヤヒヤさせたけどね。いやあ、危なかった。馬券は3連複を少し取っただけだし。
今週は秋の天皇賞だ。難しいと思うが、素直に⑨アーモンドアイを本命にするしかないか。僕としては調教がよかった下位人気③ダイワギャクニーの先行残り目に期待したい。③ダイワギャグニー⑥フィエールマン⑦クロノジェネシス⑧キセキ⑨アーモンドアイの3連複ボックス。アーモンドアイからの3連単マルチ。