菅野所長のエッセイ:さっさとあきらめるべし


もう無理だよね。オリンピックは。

こういう決断は開催国だからこそ一番に宣言した方がいいんじゃないの。首相や上のほうはまだやりたいようだが、仮に開催したとしても、参加国がいくつあるか。個人レベルでもボイコットする選手が続出するだろうし。昔のモスクワオリンピックよりもひどいものになるだろう。それを考えれば終戦を宣言し、他のことにエネルギーを向けた方が得策だ。
と、多数の普通にものを考えられる人があきらめているんだから、もうギブアップしたほうがいい。べつに恥ずかしいことじゃないし。

そもそも僕自身は東京オリンピック事態に反対だった。僕だけじゃなくて、当時、おおかたの世論もそうだったよね。
こうなってみると、なぜ反対したのかという理由も明らかになるよね。別にこのようなウィルス禍を予見していたわけではないが、何かと難しい問題がいろいろと生じて、国のお金を無駄に使うことになるだろうとは予見できたからだ。オリンピックで経済を立て直すなんてのは夢想に過ぎない。それどころか、負の遺産に苦しめられることは明らかだし。
ここまで金を使った以上、やるしかないと考えるのは、ちょっと前にも言ったが、原発と同じでジャンキー心理なのである。実際やるとなったら、コロナ対策もあって、よりお金がかかることになるだろう。そして、少数参加の、放送価値がなくなったオリンピックに誰が金を払うかの問題。仮にアメリカが不参加なら放映権料はほぼ入らない。もちろんそうなったら、WHOの勧告とは関係なくIOCは中止を決める。

結局、どんなにがんばってもまともなオリンピックはできないのだ。だから、やっても意味がない。何としてもやると言っても意味がない。首相や都知事やJOCがやると言っているのは、オリンピックにあらざるものなのである。

もっとも首相は文春砲のきつい一発から目を背けたいから、コロナやオリンピックについて殊更に言及したいのだろう。何をやっても袋小路に追い込まれている感があるな。そもそも、これまで内閣が持っていたことが不可思議なのだが。
財務省職員の自殺手記。首相は「胸が痛む」と言うが、その胸には剛毛が生えているんだろうな。僕はわりとそうでもないね。やっぱりいくら上からの指示でもやってはいけないのだ。この人も犯罪者であることは、いくら贖罪を願っても変わらない。そう認識しておかないと、この国にかつてなく蔓延する悪徳を駆逐することはできないと思うのだ。