菅野所長のエッセイ:小さな残念


カズが50歳で契約を更新し、現役続行ということである。ほんとに大したものだ。僕も激しいスポーツやってるわけじゃないんだからあまり泣き言は言わないようにしたいなあ。
南北朝鮮の高官の会議があり、北がオリンピックに参加するとのこと。これで少なくとも平昌五輪までは戦火は上がらなそうだが、この会議で、自分たちの核やミサイルはすべてアメリカに対するものとぶちあげていたし、アメリカの政府中枢では、北は攻撃してもおとなしくしているだろうと思っている人間がいるらしい。

金正恩は勝ち目のないことはしない、そういう合理的な考えができるというのがその根拠らしい。そんなわけないだろと思う。だって、金正恩は、核やICBMを備えればアメリカは攻撃してこないだろうと考えている、つまりこれも合理的に考えれば、ということである。でも、どちらも相手の合理的思考を信じているところがある。これはただの願望にすぎない。日本の軍部もかつてそうだったのだ。

以前はそれほどでもなかったが、大陸弾道ミサイルを持つ今のほうが、アメリカに自衛という根拠を与えてしまうので厄介ではないのか。自衛となれば日本や韓国の都合を聞かなくてもいいからね。とにかくオリンピック終わるまでは何ごともなさそうだが。

先週の競馬は3日続けて重賞が4つあった。ここで書いた京都金杯のキョウヘイは馬場がよかったので着外だった。いちおう抑えに回していたので、他の3頭での3連単はゲット。でもキョウヘイに来てほしかった。で、中山のほうの金杯はダメ。しかし、フェアリーステークス、シンザン記念で3連単的中と、4つ重賞のうち3つ取れたのだから、今年は上々のスタートと言える。
しかも、低配当だが久しぶりにWIN5もゲット。低配当となったのは、最後のシンザン記念で、後方一気で一番人気が来たからだ。残念。

今週は九州に行ってしまうので、日曜競馬は観られないのが、残念、調子はいいし、当たりそうなのにね。まあしかたない。
それよりも、それまでに原稿を片づけたかったのだが、今日PCがいきなり落ちてしまってせっかく書き直していた部分が水泡と帰した。これではちょっと無理だな。ときどき理由もわからず、シャットダウン、再起動になってしまうんだよね。ぼくのPCは。これで来週末か。珍しくも1週間前くらいの送付になりそうだ。他のものは全部やっておいたのに、残念。