菅野所長のエッセイ:イメージの消費


今週は今日でお終いだあ。嬉しいなと。もうノロのほうは大丈夫そうだし。

水曜は、例年よりも少し早い忘年会だったのだが、今年は今までいちばん楽しい忘年会だったような気がする。出し物が豊富だったね。仮装も力が入ってたし、バンドあり、ダンスありでね。ま、金はかかったがしかたないでしょ。

面白いといえば、この間漫才の特番やってたな。ビートたけしが認めた連中だけという触れ込み、まあ実際にそれはないだろうが、いちおう世の中的にも実力があるとされるので見応えはある。しかし、その中でも断然なのはナイツとサンドイッチマンである。とりわけナイツは、安定感と抜群の間はサンドイッチマンに譲るものの、つねに新しい笑いを開拓しているのがすごい。出し物ひとつひとつが懲りに凝ったもので、しかもそれを舞台に上げてやり切る。この1,2年ナイツには唸らされてばかりだ。TVでは披露できない大ネタの傑作もあるから、知らない人はDVDでも借りるといい。ケーブル入っていれば観られるがね。

今どきの漫才、この2組だけを見てればいいと僕は思うが、しかし、この番組でもっとも異彩を放ったのはウーマンラッシュアワーだった。原発問題、米軍基地問題などに笑いで切り込むマシンガントーク。もっとバカバカしい笑いに転換できればよりいいのだが、俺たちは他の漫才とは違うということをリスク承知で押し出した。原発4基がある福井出身の村本クンはいろいろ考えるんだろう。もっと考えなさい。

TVといえば、朝のフジTVで、例によってアホなタレントがアホなコメントをする番組があるのだが、フライドチキンのクリスマスセットをみんなで食べるときに、骨付きチキンばかり食べちゃう人っていうのはいかがなものか?というテーマで、ほとんどが「それはいけないでしょ」に票を投じた。
しかし、一人だけ「僕は骨なしのほうが好きなんだよね」と言い、もしも骨付きじゃないほうがいいという人が多数だったら皆が嫌がるものを率先して食べてるわけで、むしろ気遣いしてるんじゃないの?と述べた。他は「いや、そんなはずはない。チキンといえば骨付きのほうがみな好きに決まってる」というので、じゃあ、今から視聴者にどっちが好きか投票してもらおうとなった。こういうのは生番組と今どきのTV機能のいいところである。
見ている僕もその結果が気になった。ふつうはただの時間つぶしなのでこんなことに食いつくことはないのだが、振動マシンに乗っているので10分のノルマをこなさなければいけないのである。これはネットで買って日曜に届いた、なかなか気に入っている。

さて視聴者投票の結果はと見れば、何と骨付きじゃないほうがいいと言う人が66%、圧勝だったのである。これはけっこう意外だった。僕も骨付きのほうが好きなのだが、骨付きのところは固いし、食べるところは案外少ないしで、「魚は骨があるから嫌い」という今どきの人たちには人気がないのかもしれない。チキンといえば骨付きというのは、古い人のイメージなのだろう。そして僕もそうだが、皆もそっちが好きに決まっていると思いこんでいるのだ。もちろん、視聴者のほとんどは家でヒマにしている主婦なので、たぶん性差はあると思うのだが、主婦、女性とはいえ、大人ではあるので結果には妥当性がある。
クリスマスといえば、フライドチキン、それも骨付きとは、たぶん昭和の時代のイメージであり、まだ貧しかった頃、僕たちはそのイメージを消費することでお手軽な豊かさを噛みしめていたのかもしれない。
競馬の世界でもイメージは大きな影響を及ぼす。むかしマテリアルという馬がいて、春のクラシックの前哨戦スプリングステークスを、直線だけで全頭ごぼう抜きして勝ったことがある。あまりにすさまじい勝ち方だったので、この馬はすごいと、その年のGⅠはもちろん、出るレースすべてで人気になり、そして負け続けた。次に勝ったのは2年後だったのだが、誰もがあの勝ち方に衝撃を受け、そのイメージを追い続けたのである。よくよく考えると、僕が追い込み馬が嫌になったのはこの馬の影響もあるな。
さて、今週はいよいよ有馬記念。で、今年の競馬は終わりと思いきや、28日には今年からGⅠに昇格したホープフルSがある。中央競馬会も射幸心をあおるためにいろいろやってくるもんだが、別にファンは支持はしていないよ。それよりも、1800m、1400mのGⅠをつくるほうが面白いと思うのだがね。
先週はまたもや言ったとおり。本命ダノンプレミアムの大楽勝。危険な人気馬タワーオブロンドンは、ギリで3着。ハナ差でケーアイノーティックだったのだが、これが3着に来てくれたら大儲けだったのに~  残念。3連単は2600円くらいしかつかなかったね。
で有馬記念。もう②キタサンブラックでしょうがない。これが引退レース。勝っては欲しいが、2,3着もありえるか。相手は⑩シュヴァルグラン⑬ミッキークィーン⑭スワーヴリチャード。この3頭へのマルチでいいんじゃないのと思うが、いちおう3着候補として、①ヤマカツエース⑧レイボーライン⑪ルージュバックをあげとこうか。
土曜日にはGⅡだが、中身はGⅠ並みの阪神カップがある。こちらは大好きなイスラボニータの引退レースだ。1400mはちょっと短いので3着以内を念じてここから流そう。