菅野所長のエッセイ:仁義なき戦い


衆議院選は大変なことになってきた。ここで前に書いた知事の都議軽視も、こういうことから来ていたのかと納得。それがいいというわけではないが。

しかし、動画を観ると、都知事選で圧勝した直後からこのシナリオが動き出していたことがわかる。民進党ののごたごたに乗じ、モリカケから逃げようとした安倍の「大義なき解散」だったが、その目論見もどうなるかわからなくなったね。それに対抗するすかさずの新党結成、このような日を想定していた読みは、それ自体は見事なものであり、彼女の政治センスの証明でもあるだろう。衆議院選出馬も含め、手の内を見せないのは政権をひっくり返すためには正しい戦略である。
まあ、みんなが一杯食わされたということだな。細野、長島の入党なんかは、民進右派の先遣隊として送り込まれていたという説は正しかったようだ。

小池対安倍、この勝負はどちらが勝つのか? 都知事選での圧勝を観ると初の女性首相の誕生もあるかと思わせるが、世間では「二足のわらじ」は無理とか、都民への裏切りであるとの声も強い。なんだな、これは日ハムの大谷君に対して、当初みなが二投流はやめなさいと言っていたときに似てるな。僕は完全に二投流支持だったが、彼女にやる気があるならできなくはないと思っている。そんじょそこらのタマじゃないよ。もっともやる気はなさそうな感じだが。

しかし、政策的にはたいして変わらない。「原発ゼロ」なんてのも怪しいものだし。しかし、もはや、社会主義の幻想が崩壊してからこっち、「保守対革新」の政権交代論なんてありえないわけで、保守の中での僅かな差別化しかない。今回も政策が問題ではなく、小池と安倍のどっちがいいと思う?という選択をする選挙だ。厚顔にも、都知事の椅子を踏み台に首相を狙う小池と、卑怯にもモリカケから逃げたい安倍。
共通するのはどちらも独裁を本質とすることだ。どっちの独裁がいいの?

唐突な解散でもう逃げ切ったと思った安倍だったが、むしろそれによって国民の不信は膨らんでしまった。その状態で選挙に向かわなければならないのだからつらい。いくら相手へのネガティブキャンペーンをしても、お前の口が言うかと思われるのではないか。つまり自業自得っていうんだな。

まあとにかく、良くも悪くも、小池百合子は政治家として戦後最強の大物かもしれない。と、今回のことで思うようになった。小物感をいつも発揮してしまう安倍とはまるで格が違うな。お爺ちゃん、お父ちゃんと続く政治家一家のぼんぼんと、自力でここまでのし上がってきた者との違いとも言える。英語は堪能だし、外交ではかなりの力を見せるのではないかと思うが、いかがなものだろうか。
さて日曜は久々のGⅠスプリンターズステークスである。もう本命不在の混戦。どの馬も3着にしか来ないような気がする。自信ないけど、僕がいいと思うのは③セイウンコウセイ⑦ダイアナヘイロー⑧レッドファルクス⑬ファインニードルの4頭かな。
そして同日はフランスで凱旋門賞がある。近年日本馬が活躍しているが、今年のサトノダイヤモンドは向こうの馬場が合わないようだ。トライアル戦を見る限り、残念だが勝ち目はないな。