スタッフコラム ~立春を過ぎて~


立春を過ぎ、少しずつ日が伸びてきたことを感じる。

 

何か新しいことを始めてみたいような、まだまだこのままでいたいような、どちらとも言えない気持ちの揺れ動きがある。一つのシーズンの終わりに、何かを合わせなくてはいけないわけではない。

 

“『生きている』と『生きていく』では、人生の彩りが異なる”と言ってくれた人がいた。その言葉の意味をしみじみと感じている。