スタッフコラム ~折りたたみ傘~


2015.06.05

関東地方も梅雨入り直前の空模様です。

 

 

朝から雨が降っていれば大きな傘を持って外出するのですが、今日のような夕方からの亜目にはリュックサックに

入れっぱなしの折りたたみ傘が活躍します。

 

 

 

しかし・・・・、残念ながらずっと折りたたんでいただけの傘は開きません。

 

 

 

 

ずぶ濡れで電車に乗るのは嫌ですね、釣りの時には雨が降ろうが波しぶきを浴びようがへっちゃらなのですが・・・。

スタッフコラム ~旅行気分~


2015.05.20

最近(といっても3月ですが)、『上野東京ライン』が開通しましたね。

北方から通勤している私は、これによりたいそう通勤が快適になりました。

時間短縮もさることながら、乗換の際、かなり北方から乗っているにも関わらず、行き先が

 

『小田原』

『熱海』

『伊東』

 

等々です。

これだけで気分はプチ旅行です。

そして時折東京駅で降りて職場まで歩いてみるのですが、通り道が新幹線乗り場や高速バス乗り場。

 

これでまた気分はプチ旅行です。

 

しかも、最終的に職場近くに最近できたのが憧れの某高級リゾートホテルの専用サロン。

 

なかなか旅行には行けない日常ですが、通勤しながら旅行妄想を膨らませて楽しんでいる毎日です。

 

 

スタッフコラム ~挑戦~


2015.05.15

携帯電話を新しく購入しました。

 

長らくApple社の携帯を使ってきましたが、今回はAndroid携帯にしました。

 

使い勝手がまったく違うことはわかっていたので、「うまく使えなかったら困る」とか「操作を改めて覚え直すのは面倒臭い」など考え、抵抗感はありました。

 

しかしよくよく考えてみると、新しい機械を触るのはそんなに苦ではない自分の性格を思い出し、購入に踏み切りました。

 

案の定、まだ使い方や設定の仕方がわからず四苦八苦していますが、少しずつ慣れていくこの過程を楽しもうと思っています。

スタッフコラム ~GWの宿題~


2015.04.28

半袖でも過ごせそうな、暖かな日が続いています。

 

 

 

 

 

花粉症の方には辛い季節かもしれませんが、やはり気持ちがいいものです。

 

 

 

 

冬の間は滅多に窓も開けませんでしたが、最近は朝一番で窓を開けて空気の入れ替えをするようになりました。

そうして気持ちが明るくなったせいか、目をそらしていた身の周りの乱雑さが気になり始めています。

 

 

 

 

 

見て見ぬふりを数カ月続けている、埃をかぶった観葉植物の葉っぱや汚れた自転車、

落ち着いたら片付けようとクローゼットに山積みになった段ボール等々…

 

 

 

 

 

ゴールデンウィークは大した用事もないので、そういったものを一気に片付けてしまいたいと思っています。

何しろ衣替えも済んでいないので、全部片付くかは自信がありませんが…

スタッフコラム  ~GWの計画について~


2015.04.14

今年もゴールデンウィークが来る。

 

人によって楽しみに早々計画を立てる人もいれば、行き当たりばったりの人もいるだろう。

 

ここ最近、長い休みを取ると、次の勤務日に時差ぼけのような状態になることが増えた。

 

歳のせいなのか、休みを満喫したおかげなのかは分からない。仕事に戻りたくないと思うわけではないのだが、なんだか仕事のペースがつかみづらい一日になる。

 

もちろん、それで何か仕事上の支障が生じている訳ではないのだが、エンジンが温まるのに時間が掛かるような感じだ。

 

むしろ、きちんと休みを満喫した方がいいのかもしれない。メリハリというやつ。GWになってから考えようと思うと、何もせずに家にいるということになりかねないので、ひとつくらいは計画を立てよう。

 

もしかしたら、撮りだめしていた映画やドラマを観るだけになるかもしれないが、まあ、それはそれで楽しもうと思う。

 

“あ、ちょっと楽しかった、休めたし”、というのが案外大事なのかもしれない。

スタッフコラム 〜楽しみな新戦力〜


2015.04.11

プロ野球が開幕し約半月、この週末で各球団との対戦が一回りします。

我がマリーンズ、ここまで6勝6敗とまずは無難なスタートと言っていいでしょう。

 

若手の台頭が目立つのが、今シーズンのマリーンズの特徴の一つです。

 

大学時代から定評があった足と守備に加えて打撃面でも成長が著しく、開幕一軍を勝ち取り、先日プロ初安打を記録した今年のドラフト1位の中村選手。

好リードと投手とのコミュニケーション力の巧みさで、20歳にして正捕手の座を手に入れつつある田村選手。

開幕直前に育成契約から支配下登録され、早くも初スタメン、初安打、初打点を達成した19歳の肘井選手。

こうした若手の姿を見られるだけで、ワクワクします。

 

そして忘れてはならないのが、京大からのプロ第1号である田中投手。

 

キャンプ~オープン戦とマリーンズの話題を独占していた田中投手ですが、開幕一軍を果たせなかったことで、移り気なマスコミの関心は一気に冷めた感があります。(本人にとってはその方が野球に集中できてよかったと思いますが)

 

あまり報じられていないのですが、二軍の試合で2試合に先発し、いずれも7回無失点と実力を発揮しています。

もう1試合好投すれば、一軍で先発する可能性があるようです。最短では22日とのこと。

 

その日だったら球場に見に行けるかも!!!

胸躍る毎日です。

スタッフコラム ~勉強~


2015.04.01

桜の季節ですね。TCCが入っているビルの前の公園の桜は満開です。

 

 

 

 

 

ところであることをきっかけに、中学生に勉強を教える機会がありました。

 

 

 

 

 

私にとって中学時代ははるか昔のことですが、現在の教科書を借りて読ませてもらったら今でも結構覚えていることが書いてあります。

 

 

 

「お!?これは案外いけるかもしれない!」

 

 

 

 

そう思って、いざ問題を解いてみると、字は小さくて読みづらいし、計算間違いをするし、漢字は書けないし、世界地図は頭に入っていない・・・。

 

 

 

できないのは当たり前なのかもしれませんが、結構ショックでした。

 

 

 

それ以来、数学や社会の参考書を自分で買って通勤電車の中で勉強を始めました。

 

 

 

だんだん思い出して問題が解けるようになると面白くなってきました。

 

 

 

あまりに夢中になって電車を何度か乗り過ごしました。

 

 

 

ウン十年前もそのぐらい集中して勉強していればなあ、なんてことも考えたりしています。

スタッフコラム ~スィートピー~


2015.03.19

TCCの受付、待合室と各面接室には、生け花があります。

 

 

 

 

 

先日、各部屋にスィートピーが飾られました。

 

 

 

 

 

スィートピーの花言葉は「門出」です。

 

 

 

 

 

 

3月の卒業シーズンに、ピッタリなお花だと思います。

 

 

 

 

 

見送る人、見送られる人共に、「門出」と思えば寂しさも少し和らぐような気がします。

スタッフコラム ~花粉の季節に~


2015.03.06

花粉の季節まっただ中である。

 

数年前に花粉症らしき症状が出始めてから、風邪だ風邪だと自分に言い聞かせてきたが、2年に一回ぐらい、これは花粉症の症状だろうと思わざるを得ないような症状が出るようになった。

 

不思議なことに、毎年出るわけではなく、2年に一回くらいなのがミソである。

 

今年は明らかな風邪(発熱とのどの痛み)の後に、鼻水が止まらない。医療機関でもらった風邪薬がなかなか効かないところをみると、もしかしがら花粉症かもしれない。

 

かみ過ぎて一皮むけた鼻を見ながら、薬を変えるべきか迷う。が、鼻づまりでぼうっとなった頭ではどちらがいいのかすら判断ができない。

 

いっそ両方のんでしまおうかとも思うが、それすらふんぎりがつかず、とりあえず今週いっぱいは様子を見ることにようやく決めた。

 

今週中によくなることを祈るのみである。

スタッフコラム 〜今年の一押し〜


2015.02.19

例年通り2月1日から、プロ野球12球団がキャンプイン。もうすぐオープン戦も始まります。

 

新人選手や若手選手の動向がインターネットやテレビのスポーツニュースで伝わってくると、例えそれが好きな球団の選手ではなくても、なんとなくワクワクしてきます。

 

マリーンズの場合、今年は何といっても京大出身の田中投手の話題が一番多いのですが、私個人的には、今年の新人選手は(田中投手に限らず)まずは2軍でしっかりと体力づくりをして、2~3年後に出てきてくれればいいかなと思っています。

 

というわけで、私が今年飛躍を期待しているのは、新人以外の選手です。

 

投手では、川満投手。3年目の左腕です。

スピードガンの表示以上に早く見える球筋ということで、“成瀬2世”として期待されてドラフト2位で入団しました。

この2年間は怪我などもあり、2軍でも目立った成績はあげられていませんが、成瀬投手がFAで抜けた後、ローテーションを回して行くためには、どうしても出てきてもらわなければならない選手です。

今春のキャンプでは好調のようですので、大ブレイクを期待したいところです。

 

野手では、三木選手。2年目の内野手です。

新人だった昨年は、春に2軍で結果を出し1軍に抜擢されましたが、後半は怪我に泣かされてしまいました。

それでもテレビで数試合、実際のプレーを見る機会がありました。バントを確実に決めたり、進塁打を意識して右打ちしたりするなど、“状況に合わせたバッティングができる選手”という印象が強く残りました。

 

(足の速い選手が多いので意外に思われることも多いのですが)実はマリーンズには、こういう“いわゆる2番タイプ”の選手がいないのが実情です。

あえて言えば鈴木大地選手が該当するのですが、彼にはクリーンナップを打たせたいところ。なので2番打者がどうしても欲しいのです。

三木選手がうるさい2番打者として定着してくれたら、チーム力がアップすることは間違いないと思います。

 

この二人の選手、今はマリーンズファン以外の方には全く無名の存在だと思いますが、今年のオフには一躍知名度が上がっていることと信じています。